写真撮るの大好き。アフィリエイト多めなので面倒な方はブラウザバック推奨。


by umaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ムンク展 雑感  そして関係のない猫写真

ところでムンクと言えば「叫び」とか「不安」みたいな
独特の陰鬱とした感じの絵が有名ですが
(と書いてるアチキもそういうタッチの作品が多いと思っていた)
極端な言い方をするとそれは彼の3分の1でしかありせん

初期にはもっと繊細で 穏やかなタッチのものも多いですし
晩年は強く荒々しいタッチのものも増えてきます
彼は繊細な心を持つ画家としては長生きだった(享年81歳)ので
その中で色々な表現に取り組んだためでしょう

アチキ的には今回見た中で1番印象に残ったのは「病める子供」なんですが
習作やデッサンも展示してあって 
この作品に対する思い入れや
生涯のテーマになる生命や死というものに
取り組む姿勢が良く伝わってきました

反面主題に対するエゴや思い入れかなりハッキリしていて
主題に興味が無い(または無くなる)と 
とたんに面白みの無い作品になってしまうような気もします
(タッチだけでなく色使いも特徴である緋色が入らなくなったり)
それだけ迷える画家だったのかもしれませんねぇ
a0036139_1739726.jpg

[PR]
by umaco | 2008-02-22 17:40 | 無駄話